ウィルパワーは有限でどんどん減っていく。その節約方法と鍛え方をまとめました。理想の未来を手に入れるための活用法。

こんにちは、いもてぃーです。

会社が終わって帰宅した後、資格試験の勉強をしようと思っていたのについついテレビを見てしまった。
今日は必ずブログ更新をしようと思っていたのに、ネットサーフィンやメールチェックで時間を使ってしまいブログを書くことができなかった。
と言うような事はありませんか?

やらなければならない本当に重要なことができない。
無意味なことに時間をつい使ってしまう。
そして後になって「なんて自分は意志が弱いんだ」と自己嫌悪に陥ってしまう。
そんな悩みを持っていないでしょうか。

今回はそんな悩みを解決する1つのファクターとしてウィルパワーを取り上げたいと思います。

今回の記事はメンタリストDaiGoさんの二冊の著書
自分を操る超集中力
ウィルパワーダイエット ダイエットという自分との心理戦に勝つ方法
を参考にしてウィルパワーについてまとめました。

この二冊の本は特にウィルパワーそのものが題材の著書ではありませんが、ウィルバーについての解説があるので、その特徴や節約方法、鍛え方等をこの本をもとにして解説していきたいと思います。

では早速、ウィルパワーとはどういうものか見ていきましょう。

ウィルパワーとは

ウィルパワーとはズバリ「思考や感情をコントロールする力」です。

ウィルパワーとはいわば「脳の体力」です。
何かをやろうと決めて、それをやり遂げるためにはウィルパワーが必要となります。反対に、「やってはいけないことをやらない」「自分にストップがかけられる」と言うのもウィルパワーです。

このウィルパワーには大きく分けて3種類のものがあります。

1つ目は、先ほどからに上がっている「やるべきことを実行する力」つまり「やる力

2つ目は、1つ目の逆「やってはいけないことをやらない力」自分の行動にブレーキをかける力。ひと言で言うなら「やらない力」です。

そして3つ目は、「目標を立ててそれを実現しようとする力」いわゆる「望む力」となります。

ウィルパワーとはまさに自分をコントロールする力と言えます。

自制心の源とも言うべきウィルパワーは脳の前頭葉から生まれます。
生活の中の一つ一つの場面で「我慢できるかどうか」「自分で決めたことをやり通すことができるかどうか」ということに大きく影響します。

一つ一つの行動が積み重なっていけば人生をも左右します。
まさにウィルパワーは自分の人生がどのようなものになるか、幸せで満足できるものになるかを決めるものなのです。

では長期的に見て人生をも左右するウィルパワーはどんな性質があるのでしょうか。

ウィルパワーの特徴

ウィルパワーは誰もが持っている力です。
ただし、ウィルパワーには一定の量があり、使うたびに少しずつ減っていきます
ウィルパワーを使い切ってしまうと長期的な目標を忘れてしまい、衝動的な行動に走ってしまいます。

仕事から疲れて帰ってきた後、資格試験の勉強をしようと思っていたのに、ついテレビを見てしまったと言うのもウィルパワーを使い切ってしまったことが原因です。

仕事で使うウィルパワーも、プライベートで使うウィルパワーも同じものです。
全く関係のない別の行動でも、使われるウィルパワーは同じなので余計なことでウィルパワーを消費しすぎると、大切なことが実行できなくなってしまいます。

いろんな誘惑と戦う時、ウィルパワーは激しく消耗します。
また、睡眠時間が6時間以下になるとウィルパワーが低下します。

ウィルパワーは有限なので極力余計なことには消費しないようにして、人生の目標となるようなことに使うようにしなければなりません。

ただしウィルパワーは鍛えることによって総量を増やすことができます。
ウィルパワーを節約すると同時に、鍛えて使える量を増やすことも大切です。

まず、ウィルパワーはどんなときに減っていくのか見ていきましょう。

ウィルパワーの消耗

何かを我慢している時」や「何かをしたいと望んでいる時」にもウィルパワーは減っていきます。
また「何かをやる、またはやらない」「何かを望む」などの選択や決断をする時、たとえそれがどんな小さなことであったとしてもウィルパワーは減っていくのです。

これは筋肉を使った単純な作業にも似てますね。
体を動かす単純作業でも徐々に疲労が蓄積していくのと同じです。

ウィルパワーは日常生活の中で少しずつ減っていくのです。
ウィルパワーが一定量以下になると決断を先延ばしをしてしまいます。
人は行動ではなく、ウィルパワーを消費する意思決定で疲れてしまうのです。

では、もしウィルパワーが強くなるとどうなるのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

ウィルパワーが強くなるとどうなるか

寛容になる
ウィルパワーが強くなると感情に任せた言動を抑えられるようになります。
物事がうまくいかなかったり、周りから理不尽な行動をされても、イライラしたり怒りを感じたりということが少なくなってきます。

夢を実現する
夢を実現するためには目標に向かって努力を続けることが必要です。
ウィルパワーの「やる力」「やらない力」「望む力」があれば、すぐに結果が出なくてもコツコツと努力を続けることができます。

時間を有効に使える
ウィルパワーが強いと目の前にある誘惑にとらわれることがなくなります。
重要なことに意識を集中できるようになり、無駄なことに時間を費やすということがなくなります。

人間関係がシンプルになる
ウィルパワーがあれば自分にとって何が必要で、何が不要なのかを判断できるようになります。
そうすると「いろんな意味で自分にとって有益とは思えない付き合い」を断ち切ることができるようになります。

ウィルパワーがあれば人生に良い変化をもたらします。
先ほどウィルパワーは節約することができると述べましたが、ではどうやったらウィルパワーを節約することができるのでしょうか。見ていきましょう。

ウィルパワーの節約方法

バッチ処理をする
「細かい仕事を後でやろう」と一旦保留にすると、保留にしたものが完了するまでの間ずっとウィルバーが食われ続けます。
そこで、細かい仕事は1日の終わりなどどこかの時間でまとめて処理するようにします。

仕事中や勉強中に、やらなくてはならない雑用を思いついたら、すぐにメモして頭の中から消してしまいます。
付箋やメモ帳にメモするのも良いですし、スマートフォンに入力したり録音しておくのも良いでしょう。
要は雑用を忘れてしまってもいいように何かに記録しておき、後で一気に片付けるというやり方です。

これは思った以上に効果があります。
仕事や勉強を途切れることなく続けることができるのでとても良いですね。

習慣化する
行動を習慣化して定着させるとウィルパワーを使うことなく集中状態に入ることができます。
習慣化すれば判断や決断を減らすことができるのでウィルパワーの消費することなく行動することができます。

自分の目標に向かってやらなくてはならない行動、作業や勉強等は習慣化してしまうのがうまいやり方です。

習慣化することは1度にたくさんではなく、1つずつやっていきましょう。
習慣化が完成するとウィルパワーを節約できるので、その節約したぶんのウィルパワーを次の習慣化に使いましょう。

環境を整える
環境を強制力として使い、行動しやすくします。
具体的には、余計なものを身の回りから減らして、集中力を奪う迷いや誘惑のもとをなくします。

集中したい対象以外は何もない場所を作ると、自然に集中力が高まりウィルパワーを節約することができます。

作業や勉強をするのにいちいち「今から始めるぞ」などと決断をしなくてもいいような環境を作るのです。
意思決定の数を減らせば減らすほど大きな成果が得られます。

他のことをしない
「集中する」とは何かにフォーカスすること。
しかし、集中しようと思うよりも「他のことをしない」ようにすることの方が結果的に集中力を上げることになります。

「バッチ処理」や「環境」で言ってきたことと重なりますが、余計なことをしないように工夫することがウィルパワーの節約となります。

ウィルパワーの節約方法をいくつか見てきましたが、次はウィルパワーを鍛えて総量を増やす方法について見ていこうと思います。
ウィルパワーの総量が増えれば、結果として自分をコントロールすることがより簡単になります。

ウィルパワーの鍛え方

軽い有酸素運動
軽い有酸素運動はウィルパワーを強化し、自分をコントロールする力を高めます。

15分間ランニングマシンに乗るだけで自制心が高まって、自分の欲求を抑えることができるようになります。

ジムが近くになかったり、行く時間がないと言う人も多いと思いますが、家の周りを走ったりスクワットを行ったりするだけでも効果が得られます。

姿勢を良くする
「姿勢を良くしなければならない」「背筋を伸ばさなきゃ」と意識する事は私たちが考える以上にウィルバーを必要とする行為です。

無意識のうちに悪い姿勢をとっているという事はよくあります。
それに「はっ」と気づき、改めると言う行動を繰り返せばウィルパワーを鍛えることができます。

無意識の行為を意識化することでウィルパワーは鍛えられます。

低GI値の食べ物を食べる
糖質が不足するとウィルパワーもダウンしてしまいます。
しかし、だからといってウィルパワーのために血糖値がを上げる食べ物をたくさん食べると言うのはよくありません。

そこで登場するのが低GI値の食品です。
低GI値の食品なら食べた後ゆっくりと血糖値が上がり、一定の水準にキープされるのでウィルパワーを保つことができます。

反対に、高GI値の食品は食後、一気に血糖値が上がり、その後に下がるのでウィルパワーの面からも、食生活の面からも良くないので避けましょう。

マインドフルネス瞑想
マインドフルネス瞑想を行えばウィルパワーを鍛えることができます。

やり方はとても簡単です。
目を薄くあけて座り、ゆっくりと呼吸を繰り返します。
1分間に4から6回位の深い呼吸をします。

呼吸に集中していると、いつの間にか他の考えが浮かんだり、周囲の音が気になったりします。
それに気づいたら「注意がそれた」と認識して再び呼吸に意識を集中します。

1つのことに注意を向け、注意がそれたら意識して戻すことによってウィルパワーが鍛えられるのです。

こちらの動画でマインドフルネス瞑想の簡単なやり方が説明されているので興味のある方はご覧ください。

まずは3分間続けてみましょう。
慣れてきたら5分、7分、15分、20分、30分と時間を長くしていきます。

まとめ:ウィルパワーとうまく付き合う

ウィルパワーはまさに人生を左右する力といえます。

ウィルパワーをうまく使うと言う事は、自分を上手にコントロールするということです。
自分をうまくコントロールできれば、夢や目標を達成することができます。

普段の生活の中でウィルパワーを節約するということを意識し、同時にウィルパワーを鍛えることをやっていけば、自分にはとてもできないと思っていたことが実現できるかもしれません。

ウィルパワーをうまく使って理想の未来を手に入れましょう。

ではまた

スポンサーリンク
レクタングル 大 広告
レクタングル 大 広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル 大 広告